手先足先が冷たい!末端の冷え性で夜も寝れない方への4つの対策・改善法

こんにちは!

大阪市西淀川区でなかむら安楽接骨院を開業しております。中村賢仁(なかむらけんじ)です。

先日は大雪で大変でしたね。

急に寒くなりました。

この時期になると、当院では手足の冷えでお困りな患者さんからの相談をよく受けます。

手先足先の冷え性でどれだけ手を温めても手足が温まらず、冷えて夜寝れないんです

友達に引かれるぐらい手先が冷えててこの時期になると辛くて…

冷え性で困っている人、大変ですよね〜

冷え性は女性に多い印象ですが、当院では男性も冷え性にお困りな方もよく相談にみられます。

このブログの内容が、温めてもなかなか改善しない手足の冷え性でお困りな方の参考になればとても嬉しいです。

1.長年の経験から手足を温めても冷え性がなかなか改善しない時には、患者さんにこう伝えています。

「お腹を温めてみてください。」

以前、冷え性でお困りの男性の患者さんがおられました。
お話をよくよく聞いてみると、「手足も冷たいんですけど、お腹も冷えているんです。」とおっしゃります。
実際にお腹をさわると氷で冷やしたように冷たかったんです。

2.なぜお腹が冷えると手足も冷えるのか?

手先足先を体の中心にたどっていくと、お腹にたどり着きます。
お腹の中には、胃や腸などの臓器が入っています。

臓器には血液が豊富に巡っており、血液があることで温かいんです。

冷え性の方は臓器の血流が乏しく、臓器が冷えてそれに伴い末端の手先足先が冷えてきます。

そしてお腹、特にへその周りには太い血管やリンパの集まった組織がありますので、そこを温めることで体全体に血流が巡り、体がぬくもってきます。

3.どれだけ手を温めても手足が温まらない方の冷え性対策、治し方

1.腹巻き

お腹が冷えないように素肌が出ない腹巻きをまくことで、お腹を保護します。

 

2.カップ麺

仰向けに寝ていただき、お腹の素肌の上にカップ麺の空き容器を逆さまにしてヘソの上に置きます。

その上に服を被せてその上に毛布がバスタオルをかけてお腹の方に入る空気を遮断します。

そのまま仰向けに寝るだけで、ご自身の熱でカップ麺の容器の空気が温められてお腹が温かくなってきます。

それを10分ほどしてみてください。

 

3.摩擦

服の上からで大丈夫ですので、ご自身のお腹を手の平でさするように摩擦を加えます。

摩擦の熱でお腹がぽかぽかしてくるでしょう。

 

4.運動

寒い時期ですが、外で適度な運動は身体を温める効果を期待できます。

もしくはNHKのラジオ体操も身体を温める効果を期待できます。

 

以上、冷え性対策とし4つの方法をご紹介いたしました。

先程の冷え性のあるお腹の冷たかった男性は今ではお腹をさわっても温かくなり、冷え性も改善されました。

3.まとめ

今回は手足を温めても改善しない冷え性対策をご紹介いたしました。

それでもなかなか冷え性が改善されないという方に対して、当院では患者さんと一緒に原因を探し、問題を解決するお手伝いをしております。

あなたのお困り事が解消されることを願います。

 

【監修:なかむら安楽接骨院院長 柔道整復師・鍼灸師 中村賢仁】

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症