大阪で側弯症に特化の整体。なかむら安楽接骨院

大阪市西淀川区佃で「体のゆがみ」「慢性症状」専門整体なら

なかむら安楽接骨院

〒555-0001 大阪府大阪市西淀川区佃3-14-6
阪神千船駅から徒歩3分 駐車場:無し

営業時間
9:00〜21:00 
定休日:不定休

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

070-8332-3622

スポーツ障害

痛みのせいで思いっきり運動ができないとお困りのあなたへ

スポーツをされていてこのようなことでお困りではありませんか?

  • 捻挫の痛みがなかなか治らない
  • 足の裏の痛みが気になる
  • 走るとスネの内側や外側が痛くなる
  • 膝が痛くて思いきり走れない
  • また肉離れになるのではないかと不安になる
  • 肘の痛みで好きなスポーツが十分にできなくて取り残されてしまうと感じる
  • 大事な大会に出られないのではないかと不安になる

病院では診断してもらえるけれど特に治療をしてもらえず安静にしてくださいしか言われないし、でもなんとか早く復帰したいとお思いではないでしょうか?
当院ではこのようなことでお困りの方の早期復帰をサポートいたします。

スポーツ特有のケガや痛みなら当院にお任せください!

「スポーツによる痛みがなかなか治らない」「復帰時期やリハビリ方法などもよくわからない」このようなことで不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

当院ではからだのバランス、姿勢、関節の動きを確認し、痛みが起こる原因や二次的な痛みを改善することによって、痛みをできるだけ早く改善するための治療を行っております。

損傷の程度や受傷の経緯によっては、整形外科の病院ををご紹介し受診していただく場合もあります。

保険治療でできることは限られております。その為、保険治療では痛めている部分の診断と経過観察はしてもらえますが、早く痛みを軽減するための治療や痛めているところをかばって出てきている二次的な痛みに関しては治療する事はできないことが一般的です。

しかし痛めた事によってからだ全体のいろいろな部分のバランスが崩れてしまうことが多く見られ、そのような場合は痛めている部分だけを治療するだけでなく、 筋肉の緊張のバランスが崩れていないか、関節の動きが極端に悪くなっていないかなど、からだ全体をみて治療を行わなければ早く良くはなりません。

そこで当院では、痛めている部分だけの治療だけでなく、痛めたことによってからだがどのようになっているか?どうすればその部分に負担をかかりにくくするこ とができるか?どのようなリハビリやトレーニングをすれば早く復帰できるか?ということは細かく指導させていただきます。

当院では、からだ全体の調整と損傷部位の早期回復を促す治療や試合前、大会前のコンディションの調整も同時に行っております。

当院で施術できるスポーツ障害

症状別でさらに詳しく

捻挫

なかなか良くならない捻挫後の痛みに悩んでいませんか?

捻挫後に残る違和感や痛みは再捻挫をおこす典型的な特徴です。

こちらでは捻挫後の症状を放置するリスクや再発する原因、捻挫に対する一般的な対処法、当院の施術方針について詳しくご紹介しております。

オスグッドシュラッター病(成長期の膝の痛み)

オスグッドシュラッター病は成長期におこる、膝の成長軟骨周囲の炎症による痛みです。

オスグッド病は膝の酷使ではなく、内臓の疲労、身体のアンバランス、足元の不安定さなどの根本的な原因が隠れている場合がほとんどです。

こちらではオスグッド病のチェック方法や解消方法をご紹介しております。

シーバー病(成長期のかかとの痛み)

小学生のお子さんが歩行や運動時にかかとが痛む症状に悩まされていませんか?

痛みを感じている人はシーバー病を発症している可能性があります。

シーバー病は、かかとに負荷が継続してかかっている状態が続き、骨膜が炎症を引き起こし痛みを感じる症状です。

こちらではシーバー病の症状についてや原因、治療方針についてご紹介しております。

肉離れ

スポーツやウォーキングをしていて急に筋肉に痛みが生じるなら、肉離れの可能性があります。

肉離れは一度発症すると治療後でも再発する可能性が高い症状なので、根本的なケアが最も大切です。

こちらでは肉離れを引き起こす原因や一般的な治療法、当院の肉離れに関する施術についてご紹介しております。

突き指

こちらでは突き指による引き起こされる症状についてや原因、身体への影響がどれほどあるのか、また当院の突き指の治療方針についてをご紹介しております。

身体を整えるとスポーツにおけるパフォーマンス機能の向上につながるため、とても重要です。

打撲

打撲は重度の場合、適切な処置をしないと筋肉が骨化するので、根本的なケアが大切です。

こちらでは打撲とは組織がどうなっているのかや一般的な治療法、当院の打撲に関する施術についてご紹介しております。

「スポーツ障害、スポーツに伴う痛み」の治療の流れ

1)問診と検査
受傷原因を詳しくお聞きし、可動域検査、理学検査にて損傷部位と損傷程度の確認 行います。受傷原因が分からない場合はからだのバランスの検査、姿勢検査を行い、実際どのような動きで痛みが起るのかを確認し、動きの悪い部分がないか確認していきます。

・関節可動域検査
・整形外科的な理学検査
・全身の筋バランスの検査
・体幹の筋力検査
・姿勢、運動動作の確認の撮影

2)治療
損傷部位や損傷程度に合わせて、整体治療、真体療術、神経筋無痛療法、鍼灸治療などを組み合わせながら、痛みの早期回復と痛みを繰り返えさないための治療を行っていきます。

3)カウンセリング
現在のスポーツにおけるあなたの状況や、どの時期までに良いパファーマンスが回復できるようにならないといけないか、大事な試合までの期間などをお聞きし、それに応じた早期復帰のための治療計画とアスレティックリハビリテーションの計画をお伝えします。
トレーニングの内容を自宅で出来る事、グラウンドでしかできないことに分けて説明を行い、日常生活での注意点などを指導させていただきます。

他の治療院や病院に行ってもなかなか治らなくてお困りの方、どこに行ったら良いのか分からない方、当院にご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 中村賢仁 監修)